ケーススタディで学ぶ インターネット安心安全ガイド

インターネットに潜む危険Q&A インターネットに潜む「危険」と、その「危険」を避けるためにはどうすればいいのかを利用用途ごとにQ&Aでご紹介します。

ウイルスに感染してるって本当!?

投稿日時:2014/03/28

質問

パソコンでネットサーフィンをしていたら、「あなたのパソコンは、ウイルスに感染している可能性があります!」といった警告メッセージが表示がされました。

対策ソフトを購入するように奨められていますが、従ったほうがいいのでしょうか!?

解説と対策

これは、ユーザーを煽って不安にさせる詐欺広告の手口です。

他にも、「あなたのパソコンは修理が必要です」「システム内でスパイウェアが発見されました」「お使いのパソコンのメモリーが不足しています」などの言葉で、対策ソフトの代金をだまし取ろうとする事例が確認されています。

警告に従ってソフトを購入しても特に何の効果もなく、逆に個人情報を盗むウイルスに感染してしまうこともあります。

これらの広告は、「偽物の対策ソフトを購入させること」と「個人情報を盗んでさらに架空請求などの詐欺を行うこと」が目的です。

広告などの警告を簡単に信用してはいけません。

たとえ対策ソフトが「無料」となっていても、ダウンロードはしないでください。

セキュリティソフトを常に最新に保ち、定期的にスキャンを行うことをお奨めします。

もし、どうしても不安に感じてしまう場合や、料金を支払ってしまった時には、消費生活センターや警察に相談しましょう。

  • 広告などの警告を簡単に信用しない。
  • セキュリティソフトは常に最新に保ち、定期的にスキャンを行う。
  • 被害にあったら、警察や消費生活センターに相談する。

質問一覧