ケーススタディで学ぶ インターネット安心安全ガイド

インターネットに潜む危険Q&A インターネットに潜む「危険」と、その「危険」を避けるためにはどうすればいいのかを利用用途ごとにQ&Aでご紹介します。

あと一歩で残念!と思っていたら

投稿日時:2011/10/31

質問

レアもののトレーディングカードがほしくてネットオークションに入札したのですが、あと一歩で落札できず、次点で終わってしまいました。

オークション終了後しばらくして「最高落札者が取引を辞退したので、次点のあなたが入札した金額で商品をゆずります。直接取引しませんか?」と、出品者からメールで連絡がありました。

これってラッキーですよね?

解説と対策

これは、次点詐欺の手口です。

オークション終了後、落札できなかった人に対し、自分があたかも出品者であるかのように装って 「落札者が辞退したので、貴方の入札価格で直接取引したい」などと持ちかけて、指定した口座に入金させて、お金をだましとろうとするものです。

オークションのIDをもっていなくても、メールアドレスと銀行口座さえあれば誰でもできてしまうので、よく使われている詐欺の手口です。

オークションサイトに公開される入札者のID番号などの情報から、次点入札者のメールアドレスと入札額が簡単に推測できるケースがあるため、第3者が出品者になりすましてメールを送ってくる可能性があるのです。

オークションサイトで次点入札者に落札の権利が移る際には、本人へオークションサイトからの通知があり、オークションサイトの画面上には自分が落札者として表示されるのが通常です。

オークションサイト上で自分が落札者として表示されていない場合は、取引に応じないでください。

このようなメールに応じると、オークションサイトの外での直接取引にあたり、大手オークションサイトに設けられているような補償を受けられなくなってしまいます。

また、このようなメールに返信してしまうと、自分の個人情報が伝わり、二次被害につながる恐れもあります。

オークションサイトのシステムを使わずに、直接取引をすることは大変危険ですので絶対にやめましょう。

このような直接取引でもし被害にあってしまったら、消費生活センターや警察に相談しましょう。

また、ECネットワークでは、ネットショッピングやネットサービス、ネットオークションといった、 インターネット取引に関する相談を受け付けてもらえます。

  • サイト上に自分が落札者と表示されていない場合は、取引に応じない。
  • 直接取引を持ちかけるメールは無視する。
  • 被害にあったら、消費生活センターや警察に相談する。
  • ECネットワークに相談する。

質問一覧