ケーススタディで学ぶ インターネット安心安全ガイド

インターネットに潜む危険Q&A インターネットに潜む「危険」と、その「危険」を避けるためにはどうすればいいのかを利用用途ごとにQ&Aでご紹介します。

銀行システムのアップグレード?

投稿日時:2014/02/27

質問

「○○銀行 本人認証サービス」というタイトルのメールが来ました。

「お客様のアカウントの安全性を保つために、○○銀行システムがアップグレードされましたので、凍結されないように直ちにご登録のうえご確認ください。」とかかれています。

登録しないとアカウントが凍結されてしまうのでしょうか?

 

解説と対策

これは大手銀行を装って、2014年1月に実際に発生したフィッシング詐欺の手口です。

送信元のメールアドレスは本当の銀行からのメールのように偽装され、IDやパスワードの入力先として案内している、リンク先の偽サイトには、本物そっくりの画面が用意されています。

あえてフィッシング詐欺への警告文を掲載したり、本物のサイトとの見分け方を紹介して、本物のサイトを演出しているケースもあります。

有名な企業やサービスの名称をかたるメールを簡単に信用してはいけません。

銀行がこのようなメールを通して、IDやパスワードの入力を求めることは、通常ありません。

このようなメールを受け取った場合は、開かず削除してください。

もし、このようなケースで個人情報を入力してしまったら、すぐに銀行に連絡して口座を止めてもらい、消費生活センターや警察に相談しましょう。

フィッシング対策協議会では、最新のフィッシング詐欺の事例と対策を紹介しています。

また、@T COM(アットティーコム)ではこのような悪質なメールの受信を防止するかんたん迷惑メール対策を提供しております。

  • 有名な企業やサービスの名称をかたるメールを簡単に信用しない。
  • インターネットサービスプロバイダーや携帯電話会社の迷惑メール対策サービスを活用する。
  • 被害にあったら、消費生活センターや警察に相談する。

質問一覧