ケーススタディで学ぶ インターネット安心安全ガイド

インターネットに潜む危険Q&A インターネットに潜む「危険」と、その「危険」を避けるためにはどうすればいいのかを利用用途ごとにQ&Aでご紹介します。

ブラウザのアップグレードが必要?

投稿日時:2012/07/11

質問

パソコンでネットサーフィンをしていました。

あるホームページを見ていたら、「お使いのブラウザは現在サポートされていません。最新のブラウザにアップグレードしてください。」というメッセージが表示されました。

Internet Explorerを使っているのですが、どうしたらいいでしょうか?

解説と対策

利用しているブラウザが古い場合は、Webサイトが正しく表示されないことがあります。

2012年6月現在で、Internet Explorerの最新版はバージョン9(IE9)ですが、Internet Explorerのバージョン6(IE6)では、サービスが利用できないWebサイトが増えています。

Internet Explorer(IE)提供元のマイクロソフトは、Internet Explorerの自動アップグレードを実施しており、日本でも2012年3月から開始されています。

このケースのように、Internet Explorerで正しくWebサイトが表示されない場合は、Internet Explorerのバージョン8以降(IE8、IE9)にアップグレードしてください。

ブラウザをアップグレードすることで、Webサイトの表示速度が速くなったり、不正なサイトを検出することができるようになります。

最近では、Webサイトを見るだけでウイルスに感染するケースや、本物のサイトそっくりに見せて個人情報を盗もうとするフィッシングサイトなど、ますます危険度が増していますので、ブラウザを最新バージョンに更新することは、非常に重要です。

Internet Explorer(IE)に限らず、Firefox、Chromeなどのブラウザも、日々機能が改善されています。

また、ブラウザはバージョンアップとともに古いバージョンのサポートが終了するケースがほとんどですので、提供元のサポート情報をチェックしながら、常に最新版を利用するようにしましょう。

Internet Explorer(IE)のバージョン確認方法はこちら

Firefoxのバージョン確認方法はこちら

Chromeのバージョン確認方法はこちら

  • ブラウザは常に最新版を利用する。

質問一覧