ケーススタディで学ぶ インターネット安心安全ガイド

インターネットに潜む危険Q&A インターネットに潜む「危険」と、その「危険」を避けるためにはどうすればいいのかを利用用途ごとにQ&Aでご紹介します。

友達の悪口なんて書いてません!

投稿日時:2012/02/29

質問

ある日クラスメイトから、「ネットにあんなことを書くなんてひどい!」と突然心当たりがないことを言われました。

詳しく聞くと、私の知らないSNSサイトで、私がそのクラスメイトの悪口を書いているということでした。

そのSNSサイトを確認すると、私自身は登録した覚えがないのに、私の本名、写真、プロフィールでアカウント登録があって、書き込みもされています!

別のSNSサイトでは、本名で登録をしていますが、このサイトで悪口を書いているのは私ではありません。

どうしたらいいでしょうか!?

解説と対策

自分の情報を別のサイトで公開していた場合、その情報を元に他人があなたに成りすまして、クラスメイトの悪口を投稿するという嫌がらせを行った可能性が考えられます。

通常SNSでは、他人に成りすますことを利用規約違反としています。

サイトの「通報」「お問い合わせ」などの連絡窓口から、他人が自分に成りすましていることをすぐに連絡し、アカウント削除を依頼することをお勧めします。

連絡窓口がない場合や、被害が深刻な場合は、警察に相談したほうがいいでしょう。

最近のSNSでは、ニックネームを使わずに本名でプロフィールを登録して、友達とネット上で交流するユーザーが増えてきています。

しかし、不用意に個人情報を公開すると、第三者に悪用される可能性があり、危険です。

不特定多数が閲覧できるサービスでは、本名や学校名、顔写真など、個人情報の公開は慎重に行わなければなりません。

情報の公開設定を友達までに限定する、知人や情報交換したい相手だけに友達申請を行うなど、上手に利用してください。

  • サイト運営者に通報する。
  • 被害が深刻な場合は、警察に相談する。
  • 個人情報の公開は慎重に行う。

質問一覧