ケーススタディで学ぶ インターネット安心安全ガイド

インターネットに潜む危険Q&A インターネットに潜む「危険」と、その「危険」を避けるためにはどうすればいいのかを利用用途ごとにQ&Aでご紹介します。

チケットを譲ってくれる人がいたけど…

投稿日時:2012/02/29

質問

自分が大好きなアーティストのコンサートに行きたくて、ファンが集まる掲示板サイトに、「誰かチケットを譲って下さい!」と書き込みをしていました。

すぐに「チケットを譲ってもいい」と返事をくれた人がいたのですが、「入金確認後に発送する」と言われました。

信用してお金を払って大丈夫でしょうか?

解説と対策

インターネットの掲示板やSNSに「コンサートチケットを譲ります」などと書き込み、相手から先に代金を振り込ませ、商品を送らないといった詐欺の手口が確認されています。

ネット上の見知らぬ相手と個人間で取引をすることは非常に危険です。

特に上記のケースのように、代金先払いの場合は、これをしておけば100%安全という対策はありません。

取引を行うかどうかは、自分だけでは判断せずに、親にも相談した上で、慎重に検討しましょう。

少なくとも、相手のメールアドレスや携帯電話番号だけでなく、住所や固定電話番号も確認するなど身元を確かめておきましょう。

代金を支払ったのにチケットが手元に届かない、返金を求めても応じないなど、お金をだまし取ることが目的であると疑われた場合は、消費生活センターや警察に相談しましょう。

  • インターネット上の取引には安易に応じない。
  • 代金先払いの取引は特に危険ということを認識する。
  • 被害にあったら、消費生活センターや警察に相談する。

質問一覧