ケーススタディで学ぶ インターネット安心安全ガイド

インターネットに潜む危険Q&A インターネットに潜む「危険」と、その「危険」を避けるためにはどうすればいいのかを利用用途ごとにQ&Aでご紹介します。

サイトから出られなくなっちゃった!

投稿日時:2013/03/29

質問

スマートフォンからミニブログサイトにアクセスして、いろいろな投稿を見て楽しんでいました。

ブログ紹介のリンクが張られている投稿があったので、興味本位でクリックすると、リンク先のサイトで「今度は何度押しても消えませんよ」というメッセージボックスが表示されました。

「OK」ボタンをクリックしても、メッセージが消えずに表示されたままで、このサイトから出られなくなってしまいました!

どうしたらいいでしょうか!?

解説と対策

これは、2013年3月にミニブログサイトで実際に確認されたブラウザクラッシャーの事例です。

ブラウザクラッシャーとは、WebブラウザやOSの機能や欠陥を利用して、ブラウザやシステムに異常を発生させようとするWebページのことです。

ブラウザクラッシャーは、基本的にページを表示した時のみに影響があるものであり、継続的に被害をもたらすものではないため、ブラウザの強制終了やシステム自体の再起動、電源をOFFにすることで解決できます。

このような悪質なサイトへのアクセスを防ぐために、スマートフォンでもフィルタリングサービスは必ず利用しましょう。

その上で、フィルタリングも完全ではないことを認識し、むやみにリンクをクリックしないこと、何かあったらすぐ親に相談することなど、日ごろから家族でインターネットの使い方についてよく話し合っておきましょう。

  • ブラウザを強制終了する。
  • システムを再起動する。
  • スマートフォンの電源をOFFにする。
  • むやみにリンクをクリックしない。
  • スマートフォンのフィルタリングを活用する。

質問一覧