ケーススタディで学ぶ インターネット安心安全ガイド

インターネットに潜む危険Q&A インターネットに潜む「危険」と、その「危険」を避けるためにはどうすればいいのかを利用用途ごとにQ&Aでご紹介します。

SNS上で表示された広告の商品を購入しただけなのに!

投稿日時:2015/09/30

質問

いつも利用しているSNSで表示された広告に、私の好きな有名女優が使っているという化粧品があったので、思わず購入してみました。

ところが注文の際、最終確認画面が表示されず、おかしいなと思っていたら、広告の表示金額とは異なる、数倍の商品代金を後で請求されました!

驚いて販売先に連絡を取ろうとしたら、なんと海外の業者で、やり取りがうまくいきません。

こんなことってあるのですか!?

解説と対策

日本語の広告であっても、契約先が海外の事業者の可能性はあります。

最近、SNSの広告から商品を購入し、表示されていた金額よりも高く請求されるというトラブルが発生しています。

相手が海外の事業者だった場合、言葉の壁に阻まれて十分なやり取りができず、トラブルを解決することが難しい場合もあります。

よく利用するSNSで表示された広告だからと安心せず、安易に契約しないようにしましょう。

また、注文金額の最終確認画面が正しく表示されているか、必ず確認するようにして下さい。

また、トラブルに巻き込まれた場合は、消費生活センターや警察へ相談することをお勧めします。

  • 普段よく利用するSNSで表示された広告であっても慎重に。
  • 注文金額の最終確認画面が正しく表示されているかを確認する。
  • 少しでもおかしいと思う部分があれば、そのサイトは利用しない。
  • トラブルになった場合は、消費生活センターや警察に相談する。

質問一覧