ケーススタディで学ぶ インターネット安心安全ガイド

インターネットに潜む危険Q&A インターネットに潜む「危険」と、その「危険」を避けるためにはどうすればいいのかを利用用途ごとにQ&Aでご紹介します。

このTwitterのアカウントは本物でしょうか?

投稿日時:2014/10/30

質問

先日、大好きな俳優がTwitterを始めたと聞きました。

しかし、最近は著名人になりすましたアカウントも多いと聞くので、本物かどうかが不安です。

何か見分ける方法はあるのでしょうか?

解説と対策

Twitterには、認証済みアカウントというものがあります。

これは、Twitter社が、なりすましではなく、確かに本人のものであることを確認したアカウントを指しており、その場合は証拠のマークである認証バッジが付けられています。

この認証バッジは、芸能人やスポーツ選手、政治家などの著名人、またはブランドのアカウントを対象に付けられており、名前の横の水色のチェックマークが目印です。

認証バッジがついていれば、なりすましの心配はありません。

Twitterでは他人になりすます事例が多く確認されており、特に政治家や芸能人など、他人から興味や関心を集めやすい存在ほど、なりすまそうとする悪意のあるユーザーが存在します。

著名人をフォローしたと思っていたら実は偽物で、騙されて偽のコンサートチケットを購入させられる、などの詐欺被害に遭う危険性も考えられますので、Twitterで認証バッジのついていないアカウントを安易にフォローするのは危険です。

たとえ認証バッジがなくても、著名人の公式サイト等に本物のアカウントが紹介されていないか、或いはニュースサイトなどで偽物のアカウントの情報が出回っていないか等、様々な情報に目を向けることで、本物かどうかの判断はできます

本物のアカウントであることを確認した上で、著名人をフォローすることをお勧めします。

  • 著名人のTwitterアカウントは認証バッジの有無を確認する。
  • 公式サイト等で本物のアカウントが紹介されていないか確認する。
  • ニュースサイトなどで偽物のアカウントの情報が出回っていないか確認する。

質問一覧