ケーススタディで学ぶ インターネット安心安全ガイド

特集記事

初めて買ったパソコンをインターネットに繋ぐ前に!必要な設定や気を付けることは?

初めて購入したパソコンをインターネットに繋ぐ前に

新年度になり、仕事で使うために初めてパソコンを買ったAさん。外でも使いやすいようにと小型のノートパソコンを購入しました。
今まではスマートフォンをインターネットに繋ぎ、LINEや調べ物などをしていましたが、自分のパソコンを購入したのは初めてです。
早速インターネットに繋げようとしましたが、購入時の状態のまま、パソコンをインターネットに繋いでもいいのだろうかと、疑問が浮かびました。

セキュリティソフトをインストールする

まず、パソコンをインターネットに繋ぐ際に必須なのが、【セキュリティソフト】です。
インターネット上では、危険な存在であるウイルスが、様々なサイトやメールに紛れていることがあり、いつ誰が感染するかわかりません。ウイルスに感染すると、パソコン内のデータが改ざんされたり、クレジットカード情報などの個人情報が盗まれたり等、トラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。
危険な存在であるウイルスからパソコンを守るためにも、セキュリティソフトは必ずインストールしましょう。

■おすすめのセキュリティサービス
【TOKAI SAFE】第三者機関から数多く表彰された世界に認められた製品であり、パソコン(Windows、mac)、スマートフォン(Android、iPhone)に対応。既知のウイルスだけではなく、未知のウイルスもブロックします。

その他にインターネットを利用する際に気を付けること

パスワードは使いまわさない

ログインパスワードや、各サイトのパスワードは、全て違うものを設定しましょう。
パスワードを使いまわしていると、悪意ある人物にパスワードが漏れてしまった場合、同じパスワードを使っているサイト全てに被害が拡大します。
もしもパスワードが外部に漏れてしまっても、被害を拡大させないために、各サイトのパスワードは違うものを設定しましょう。

外出先で使用する際は画面をのぞき込まれないように工夫する

外出先でパソコンを使用する際は、画面に反射シートを貼るなどして、他人にのぞき込まれないように注意しましょう。
パスワードや個人情報が漏れる原因は、不正アクセスやウイルスだけではありません。

Wi-Fiは提供元を確かめる

街中では、無料のWi-Fiがたくさん設置されていますが、中には悪意あるWi-Fiが紛れ込んでいる可能性もあります。悪意あるWi-Fiに接続してしまうと、パソコンにある情報を盗まれる場合もあるため、提供元がきちんと信用できるか確認しましょう。

個人情報を入力する際は慎重に

インターネット上で取引する際に、クレジットカードや住所などの情報を入力することがあります。インターネット上のサイトには、情報を盗もうとする詐欺サイトも存在します。
クレジットカードの情報を登録する際は、サイト運営者が信用できるか確認するようにしましょう。

身に覚えのない添付ファイルは開かない

受信したメールに添付ファイルがついていた場合、ファイルを安易に開封しないようにしましょう。
ウイルスは添付ファイル内にいる可能性もあります。身に覚えのない添付ファイルは開封しないようにしましょう。

最後に

パソコンやインターネットはとても便利な道具ですが、使い方を誤ると、あなたをトラブルに巻き込んでしまう可能性があります。
セキュリティソフトのインストールや、パスワードの設定など、自分でできることで身を守り、安心安全に、パソコンとインターネットを活用していきましょう。