ケーススタディで学ぶ インターネット安心安全ガイド

特集記事

便利なIoTを知ろう!

IoTってなに?

IoT(アイオーティー)とは、Internet of Things(モノのインターネット)のことです。

従来は主にパソコンやサーバー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットに、それ以外の様々な"モノ"を接続します。

どんなことができるの?どういう“モノ”に接続できるの?

現在開発段階のものもありますが、以下のようにIoTで"モノ"の状態や動きを知り、"モノ"を操作して、より便利で豊かな生活を送ることができるようになります。

室内に設置したカメラ

カメラをインターネットにつなげることにより、外出先でも、留守中のペットの姿や、自宅の様子をスマホなどの端末から確認することができます。

エアコンや空気清浄機

エアコンなどをインターネットにつなげることにより、家の中に居なくても、スマホなどの端末から室内の温度や湿度を確認することができ、エアコンなどを操作して空調を調整することができます。

寒い日に家に帰る少し前にエアコンを操作することで、暖まった部屋に帰ることができます。

薬の飲み忘れを防ぐ錠剤ケース

錠剤ケースをインターネットにつなげることにより、錠剤ケースが薬を飲むタイミングを教えてくれたり、薬を飲んだ際に家族に通知したり、薬の服用履歴を記録したりすることができるようになります。

※インターネットにつなげられる錠剤ケースは現時点で開発段階です。

IoTを利用する上で注意したいこと

IoTにもセキュリティは必要

今までインターネットにつなげていなかったIoTにも、パソコンやスマートフォンと同じようにセキュリティの問題が出てきます。

現時点でもすでに、IoTデバイスを標的としたマルウェア「Mirai」が登場しています。

購入時からパスワードを変更していないことが多いという弱点を悪用しているのが、「Mirai」です。


パスワードを初期設定のまま使用したり、パスワードを設定せず使用したりすると、第三者に悪用され、このような被害にあってしまう可能性もあります。

  • 室内を見守る為のカメラに侵入され、知らない間に盗撮される
  • 不正サイトへの誘導によって、入力した個人情報が漏えいする
  • 勝手に利用され犯罪行為の踏み台にされてしまい、トラブルに巻き込まれる

パスワードを初期設定のまま利用することは避け、パスワードはできるだけ長く複雑なものを設定しましょう。

どんなに長く複雑なパスワードであっても、使い回しは危険です。他のサービスとは異なるパスワードにしましょう。

最後に

IoTは、今後世界中に普及していき、私たちの生活をさらに便利にしていくだろうと考えられています。

様々な“モノ”がインターネットに接続され、多くの情報が集まることで、産業にも革命がおこるのではないかとも言われています。


しかし、インターネットにつなげるのであれば、IoTも必要なセキュリティ対策をしていなければ、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

IoTを利用する際は、パスワードの設定などのセキュリティ情報にも注意しながら、安全に使うことを意識するようにしましょう。