ケーススタディで学ぶ インターネット安心安全ガイド

特集記事

便利な公衆無線LANサービス(フリーWi-Fi)を安全に使うには

公衆無線LANサービスとは?誰でも使えるの?

公衆無線LANサービスとは、フリーWi-Fi、無料Wi-Fiなどとも呼ばれており、ノートパソコンやスマートフォン、タブレット端末などを外出先でインターネットに接続できるサービスです。
近年は交通機関やコンビニ・カフェ・ファストフードなどの飲食店だけでなく、飛行機の機内や自動販売機などにも搭載されるようになりました。

しかし、“誰でも利用できるサービス”という面を利用して、悪意ある人物が紛れ込んでいる場合もあるため、正しい知識を持って利用しなければ、トラブルに巻き込まれてしまう可能性が高くなります。

公衆無線LANサービス(フリーWi-Fi)を利用する前に

誰でも利用できる公衆無線LANサービス(以下、フリーWi-Fiと記載)ですが、安全に利用するためには、接続前に確認が必要な部分などがあります。
どんな部分に気を付けて利用すればいいのか、また自分でできる対策にはどんなものがあるのかを解説していきます。

暗号化によるセキュリティ対策が行われているフリーWi-Fiを利用すること

暗号化とは、あなたのスマホやノートPCと、利用しているサイトとの間でやり取りしているデータの、第三者からの盗聴を防ぐための対策で、暗号化されているフリーWi-Fiは、パスワードを入力しなければ利用できません。
パスワードが設定されているフリーWi-Fiは、ネット接続設定の画面では、スマートフォンであれば鍵のアイコン表示、パソコンであれば「セキュリティ保護あり」等の表示がされているかで確認ができます。

パスワードが設定されていないフリーWi-Fiは、悪意のアクセスポイントの可能性があり、第三者による盗聴や、各ウェブサービスのログイン画面を偽装し、利用者のIDやパスワードを収集することもありえるので注意しましょう。

暗号化されているフリーWi-Fiも情報が漏えいする可能性があることを理解する

暗号化されていても、不特定多数で同じパスワードを利用できる環境であれば、利用者全員が同じパスワードを使用するため、あまり安全性は期待できません。
ファイルの共有や、ユーザーID・パスワード・クレジットカード情報など、個人情報を入力するサイトの利用は控えた方が安心です。

個人情報のやり取りは「https」で始まるページでのみ行う

どうしても、個人情報を入力しなければならないサイトを利用したい場合は、サイトURLが「https」から始まるサイトだけを利用するようにしましょう。
「https」から始まるURLは、https通信(SSL)と呼ばれる、Wi-Fiとはまた別に通信を暗号化するセキュリティ対策です。
ネットショッピングサイトや、ネットバンキングなど、個人情報のやり取りが主に行われる場所では、URLの先頭が「https」になっています。
しかし、全てのサイトがこのhttps通信(SSL)に対応しているわけではありませんので、利用の際は注意が必要です。

VPN(Virtual Private Network)ソフトを利用する

フリーWi-Fiに施されているセキュリティ対策だけでは、やはり不安がある場合は、接続する自分の端末にVPNソフトを導入することができます。
VPNソフトを導入することで、万が一悪意のアセスポイントに接続してしまった場合でも、データの盗聴やウイルス感染等のリスクを軽減することができます。

VPN(Virtual Private Network)はどういうものなのか

VPN(Virtual Private Network)は、https通信(SSL)やフリーWi-Fiとは違う、さらに別の形でデータを暗号化するシステムです。
例えると、あなたの端末と、利用するサイトの間に専用のトンネルのようなものを作り、トンネルの中で通信を行うことで、第三者に通信内容が見られることを防ぐシステムです。

<オススメのソフト>
【TOKAI SAFE】
http://service.t-com.ne.jp/option/safe/
第三者機関から数多く表彰、世界に認められた製品であり、パソコン(Windows、mac)、スマートフォン(Android、iPhone)に対応しています!
ネットワークチェッカーは、バックグラウンドで静かに作動し、あらゆる接続を常にチェックしてくれます。
自宅でも、外出先のフリーWi-Fiへの接続でも、全てのインターネット接続を安全に保ちます。

最後に

フリーWi-Fiは、正しい知識と使い方を知ることで、安全に利用することのできる便利なサービスです。
利用する前に、どんな危険があるのかを知り、接続する場合はどんな点を確認することで、その危険を最小限にするための対策を取ることができます。
正しい対策を取り、フリーWi-Fiを安全に利用していきましょう。